浴室リフォーム 相場

15年から20年を目安にリフォームしたほうがいい理由

 

浴室リフォーム,相場,費用,予算,シャワー,浴槽

 

15年から20年を目安にリフォーム

 

お風呂のリフォーム時期ですが、
使用し始めてから15年から20年を目安にリフォームを検討しはじめるようにしましょう。

 

 

 

実は我が家は築25年の住宅に住んでいるのですが、
今まで一度も家のリフォームを行ったことがなかったのです。
多少の不便は感じていましたが、何とか我慢して生活をしていました。

 

 

 

しかし浴室が冬場になると大変寒いこと、お湯を沸かしても
すぐに冷めてしまって追い焚きを繰り返すことが増えて、ガス代が酷くかかる
ようになりました。そこで本格的に浴室のリフォームを検討するようになったのです。

 

浴室リフォーム,相場,費用,予算,シャワー,浴槽

 

リフォーム会社に相談してみたところ、
浴室リフォームの平均年数は15年から20年ほどなのだそうです。

 

 

 

それ以上浴室を使用していた我が家でしたが、
やはり見えないところでいろいろと老朽化が進んでいたようです。

 

維持費

 

まずお風呂の機能も年々劣化してきており、
お湯を沸かす時に多くのガスを使用する必要があったようです。
そのため年々ガス代が高くかかるようになっていました。

 

 

 

また浴室の壁や窓もすきまが多く、それがお湯をすぐに冷めさせる原因になっていました。
浴室をリフォームするとお金がかかると思っていましたが、
結局今の状態で浴室を使っていた方がよほど維持費がかかるようになっていました。

 

 

 

また老朽化がもっとひどくなるとカビやシロアリによる腐食も進むようになるため、
リフォーム費用も多くかかるようになってしまうのだそうです。
そうなってしまう前に早めにリフォームをしておいた方がいいのです。

 

 

>>>浴室リフォームしたほうがいいサインとは